牧師コラム 『神の約束を信じる』 2021年9月19日

牧師 高橋勝義

ヨセフがエジプトで生きていると知った父イスラエル(ヤコブ)は元気づき、一族を連れてカナンの地からエジプトに向かって旅立ちました。途中ベエル・シェバに来ると、彼は父イサクの神にいけにえを献げ、礼拝をささげました。

その昔、兄の殺意から逃れ、伯父ラバンのもとに向かった時のヤコブは、ひとりでした。その孤独と不安の時に、神は夢の中に現れてくださり「見よ。わたしはあなたとともにいて、あなたがどこへ行っても、あなたを守り、あなたをこの地に連れ帰る。わたしは、あなたに約束したことを成し遂げるまで、決してあなたを捨てない。」(創世記28:15)と、これから向かう見知らぬ地での歩みの保証を約束し、その将来を祝福し、励ましてくださいました。

そして今、その約束通り神がカナンの地で与えてくださった多くの家畜と財産、さらに多くの家族と共に、ヨセフの待つエジプトに向かっているのです。

ここでも神はベエル・シェバでヤコブに現れてくださり、「わたしは神、あなたの父の神である。エジプトに下ることを恐れるな。わたしはそこで、あなたを大いなる国民とする。このわたしが、あなたとともにエジプトに下り、また、このわたしが必ずあなたを再び連れ上る。そしてヨセフが、その手であなたの目を閉じてくれるだろう。」(創世記46:2~4)と約束されたのです。神は人生の節目節目にヤコブを励ます真実な愛のお方です。

ヤコブを導き続けた神は、イエス・キリストを信じ歩む私たちにも「見よ。わたしは世の終わりまで、いつもあなたがたとともにいます。」(マタイ28:20)と約束してくださいます。この約束は決して破られることがなく、私たちの信仰の歩みの土台、鍵になるのです。

牧師コラム 『神の十分すぎるほどの恵み』 2021年9月12日

牧師 高橋勝義

目の前のエジプト宰相が弟だと明かされ驚く兄弟たちに、ヨセフはさらに、自分をここに遣わしたのは“神”であると語ります。そして、厳しい飢饉はあと5年続くので、急ぎ父を自分のところに連れて来るように言います。ヨセフの兄弟たちが来たとの知らせにファラオは喜び、ヨセフに「エジプトの地から車を持って行き、あなたがたの父を乗せて来なさい。家財に未練を残してはならない。エジプト全土の最良の物は、あなたがたのものだから」と命じます。神が用意してくださった新しい地に出発する時に大切なことは、今も昔も『未練を残してはならない』です。キリストを信じて、新しい人生に踏み出した私たちも同様です。

ファラオの用意した車と共に父のもとに帰って来た兄弟たちは、父ヤコブに「ヨセフはまだ生きています。しかも、エジプト全土を支配しているのは彼です。」と告げるのですが、父は彼らのことばに茫然としていました。しかし、彼らの話を聞き、自分を乗せるために送られた車を見ると、元気づきました。

そしてイスラエル(ヤコブ)は「十分だ。息子のヨセフがまだ生きているとは。私は死ぬ前に彼に会いに行こう。」と立ち上がったのです。(創世記45:16~28)

ヨセフが生きていただけではなく、神の遠大な計画を知らされたイスラエル(ヤコブ)は、これまで自分と自分の家族を導き続けてくださった全能の神の愛と恵みを改めて深く感じたことでしょう。「神はあなたがたに、あらゆる恵みをあふれるばかりに与えることがおできになります。あなたがたが、いつもすべてのことに満ち足りて、すべての良いわざにあふれるようになるためです。(Ⅱコリント9:8)」

牧師コラム 『神の備えし和解』 2021年9月5日

牧師 高橋勝義

自らがベニヤミンの身代わりになるというユダの必死の嘆願に、ヨセフはこらえきれず、声をあげて泣きながら、「父上はお元気ですか、私は、あなたがたがエジプトに売った弟のヨセフです」と自らを明かします。そのヨセフを前に、兄弟たちは、ただ、ただ、驚愕するばかりでした。その兄たちに向かってヨセフは、自分を売ったことで、心を痛め、自分を責めてはいけない、なぜなら神があなたがたより先に私を遣わし、いのちを救うようにしてくださったからだ、と語ります。ヨセフは、エジプトでの長い時間の中で、神の御真実と遠大な愛のご計画を教えられ、そして一族の救いのために、自分は神ご自身によってここに遣わされたのだ、と受け取っていたのです。そこには過酷な運命を嘆き、兄たちを恨む思いから解き放された姿がありました。さらに彼は兄たちに、飢饉はまだ五年は続くゆえ、急ぎ父に、ためらうことなく私ヨセフのところに下って来るように伝えて、連れてくるように言います。

ヨセフは弟ベニヤミンをはじめ、兄弟みなに口づけし、抱きあって泣き、互いに語り合いました。すべては神の愛のご配慮により兄弟たちはヨセフと和解ができたのです。 『神を愛する人たち、すなわち、神のご計画にしたがって召された人たちのためには、すべてのことがともに働いて益となることを、私たちは知っています。(ローマ8:28)』

キリストが、十字架の上で私たちの罪のために死んでくださったゆえに、私たちと神を隔てる罪の壁が打ち壊され、私たちに赦しと和解の道が開かれたのです。
「これらのことはすべて、神から出ています。神は、キリストによって私たちをご自分と和解させ、また、和解の務めを私たちに与えてくださいました。(Ⅱコリント5:18)

牧師コラム 『赦す心に咲く花』 2021年8月29日

牧師 栗原延元

人間の行為の中で最も大切なものは「人の過ちを赦す」ことでしょう。聖書はいろいろなテーマを扱っています。イエスの弟子であるペテロがイエスに質問しています。「兄弟が罪を犯した場合、何度まで赦すべきでしょうか、7度までですか」と。それに応答してイエスは「7度を70倍」にしなさいと言われます。

7×70は490ですから、490回赦しなさいとイエスは答えられたのでしょうか。そうではないようです。何度でも何度でも赦しなさいと言われたのです。世間では「ホトケの顔も三度まで」と言われますが…。

完全な赦しを土台としてこの地上に築きあげられ続けているのが、神の家族、キリストの教会なのです。「わたし(イエス)はこの岩の上にわたしの教会を建てます」と言われているとおりです。「この岩」とはイエス・キリストです。そしてこのお方こそ、人の罪を赦されるお方です。このお方の最も美しい行為が「父よ、彼らをお赦し下さい。」の祈りでしょう。この赦しの心に「いのちの花」が咲くのでしょう。

牧師コラム 『自らを差し出すユダ』 2021年8月22日

牧師 高橋勝義

兄弟揃って楽しい食事の時を過ごした後、ヨセフはしもべに、あの者たちの袋を、食糧で満たし、 代金の銀もそれぞれの袋の口に入れ、さらに一番年下の者の袋には私の銀の杯を入れておくようにと命じます。そして何も知らない兄弟たちは帰路につきました。

ところが、彼らを追いかけて来たしもべに「なぜ、主人の杯を盗むのか」と言われ、驚愕します。まったく身に覚えのない兄弟たちでしたが、なんと銀の杯はベニヤミンの袋の中から見つかったのです。彼らは急いで町に引き返し、ヨセフの前で顔を地に伏します。そして、ユダは「あなた様に何を申し上げられるでしょう。何の申し開きができるでしょう。何と言って弁解することができるでしょう。神がしもべどもの咎を暴かれたのです。今このとおり、私たちも、そして、その手に杯が見つかった者も、あなた様の奴隷となります。」と言います。しかし、ヨセフは「その手に杯が見つかった者が私の奴隷となる。おまえたちは安心して父のもとへ帰るがよい。」と返しました。ユダは必死に「あの子がいないのを見たら、父は死んでしまうでしょう。~ あの子が一緒でなくて、どうして私は父のところへ帰れるでしょう。父に起こるわざわいを見たくありません。」とヨセフに訴えます。(創世記44:1~34)

「私が責任を負う」と父に約束したユダは、自分を差し出してベニヤミンを救おうとしたのです。これは神に背を向け自分中心の歩みをし、滅びに向かって突き進んでいる私たちを救おうとされるイエス・キリストの姿に重なります。イエス・キリストは、私たちのために、今日も「父よ、彼らをお赦しください。彼らは、自分が何をしているのかが分かっていないのです。(ルカ23:34)」と、とりなしの祈りをささげてくださっているのです。

牧師コラム 『神のぬくもり』 2021年8月15日

牧師 高橋勝義

父ヤコブが全能の神にすべてを託したことで、兄弟たちはベニヤミンを伴って再びエジプトに行き、ヨセフの前に立ちました。ヨセフは、弟ベニヤミンの姿を見るなり、家の管理者に一行を自宅に連れて行き、昼食の支度をするように命じます。しかし自宅に案内された兄弟たちは、不安を覚えうろたえますが、家の管理者から「安心しなさい。恐れることはありません。あなたがたの神、あなたがたの父の神が…」と聞かされます。さらにシメオンも戻されました。ヨセフが家に帰って来ると、彼らは贈り物を彼に差し出し、地に伏して拝しました。ヨセフは年老いた父親の安否を尋ね、なつかしい弟ベニヤミンを祝福しますが、胸が熱くなり奥の部屋に行き泣きました。顔を洗って出て来たヨセフは、自分を制しエジプトの高官として振る舞いますが、兄弟たちの席順は年長から年下の者となっており、またヨセフの食卓から給仕される食事も、ベニヤミンの分は、ほかより五倍も多く、驚きの連続でした。ヨセフは彼らとともに酒を酌み交わし、楽しいひと時を過ごしました。(創世記43:16~34)

兄弟が数十年ぶりにともに食事をする、という長く失われていた「ぬくもり」を、この日味わったヨセフは、神の愛と恵み、そしてあわれみの深さを実感したことでしょう。

同様に、私たちも神とともに歩むとき“神のぬくもり”を味わいながら日々歩むことができるのです。まことの神から離れてしまった私たちのために、キリストは罪からの救い主として来て下さいました。このお方を信じる時、再び私たちには神との親しい交わりが回復するのです。
「主は羊飼いのように、その群れを飼い、御腕に子羊を引き寄せ、懐に抱き、乳を飲ませる羊を優しく導く。(イザヤ40:11)」

牧師コラム 『全能の神にすべてを託す』 2021年8月8日

牧師 高橋勝義

飢饉は厳しく、エジプトから持ち帰った穀物も底をつくと、父は、また食糧を少し買って来るように言います。すると、ユダが「もし弟を私たちと一緒に行かせてくださるなら、私たちは下って行って、お父さんのために食糧を買って来ましょう」と答えますが、ベニヤミンを手放せない父は「なぜ、もう一人の弟がいると言ったのか」と逆に彼らを責めます。

そのような中、ユダは毅然として「あの子を私と一緒に行かせてください。私自身があの子の保証人となります。私が責任を負います。」と父に言ったのです。このユダのことばに、イスラエル(ヤコブ)は覚悟を決め、贈り物としてカナンの名産、二倍の銀、さらに返された銀も持って行くよう指示し、「弟を連れて、さあ、その方のところへ出かけて行きなさい。全能の神が、その方の前でおまえたちをあわれんでくださるように。そして、もう一人の兄弟とベニヤミンをおまえたちに渡してくださるように。私も、息子を失うときには失うのだ。」と、全能の神にすべてを託したのです。(創世記43:1~15)

実はユダはヨセフを売った後、父のもとを離れて生活し、家族を持ちました。しかし、神を軽んじた息子二人を失い、さらに三男と長男の嫁タマルを結婚させなかったことから、神は嫁タマルにユダの子を宿らせ、彼に罪を示されたのです。ユダが父に覚悟の説得をした背景には、この苦い経験があったからです。もちろん、父もこの出来事を知っており、全責任を負おうとしているユダのことばに心動かされ、これまで自分を導いて来られた全能の神にすべてを託す決断をしたのです。「私は裸で母の胎から出て来た。また裸でかしこに帰ろう。主は与え、主は取られる。主の御名はほむべきかな。」(ヨブ記1:21)

牧師コラム 『罪を放置したルベン』 2021年8月1日

牧師 高橋勝義

今やエジプトの権力者となったヨセフは、弟ベニヤミンを連れてこさせる策として、兄たちにスパイの容疑をかけ、シメオンを人質として捕らえ、兄弟をカナンに戻します。

兄たちは父ヤコブに、自分たちはエジプトを探る回し者と疑われ、「おまえたちの兄弟を一人残し、飢えている家族に穀物を持って行け。そして、末の弟を私のところに連れて来い。そうすれば、おまえたちが正直者だと分かり、おまえたちはこの地に出入りができるようになる」と言われた、と報告します。さらに、持ち帰った穀物袋のすべてに支払ったはずの銀の包みが入れてあるのを見つけると、父をはじめ彼らはひどく恐れました。
身に降りかかる不幸を嘆く父ヤコブに、長男ルベンは「もし私がベニヤミンをあなたのもとに連れ帰らなかったら、私の二人の子を殺してもかまいません。弟を私に任せてください。この私が彼をあなたのもとに連れ戻します。」と説得しますが、父は「この子は、おまえたちと一緒には行かせない」と拒みます。(創世記42:27~38)

父ヤコブは、かつてルベンが自分の側女と不品行の罪を犯したことや、今回も「自分の子どもを殺してもかまわない」と軽率なことを口にする姿に不信を募らせたのです。
ルベンは罪に向き合わずに過ごしてきました。その罪の根は彼の言動を支配し、子どもの命をも軽んじる発言を招いたのです。罪を放置することは神を侮ることであり、ルベンの心は曇らされていったのです。このルベンの姿は、私たちの姿でもあります。

「神のみこころに添った悲しみは、後悔のない、救いに至る悔い改めを生じさせますが、世の悲しみは死をもたらします」(Ⅱコリント7:10)

牧師コラム 『心の奥にある闇を見る神』 2021年7月25日

牧師 高橋勝義

カナンにも深刻な飢饉は広がり、ヤコブは穀物を買いに息子たちをエジプトに行かせます。しかし、父はヨセフの弟ベニヤミンだけは同行させず手元に残しました。

エジプトにやって来た兄たちはこの地の権力者となったヨセフを伏し拝みます。それは兄たちにはヨセフだと分からなかったからです。一方のヨセフには兄たちだとすぐに分かりましたが、見知らぬ者のようにふるまい、荒々しいことばで「この国の隙をうかがいに来たのだろう」と拘留します。ヨセフは兄たちの今の心を知りたいと思い、「もし、おまえたちが正直者なら、一人を残して、穀物を持って行くがよい。そして末の弟を私のところに連れて来るなら、おまえたちのことばが本当だということが分かる。」と告げます。兄弟たちは、こんな苦しみに会うのはヨセフがあわれみを求めたとき、聞き入れなかったゆえだ。われわれは弟のことで罰を受けている、と互いに言います。彼らの会話を聞いたヨセフは、兄たちの心を知り泣きました。そしてシメオンを彼らの目の前で縛り、とどめ置き、彼らの袋には穀物を満たし、銀も戻し、父ヤコブのところに送り帰したのです。(創世記42:1~26)

「主はすべての心を探り、すべての思いの動機を読み取られるからである。もし、あなたが神を求めるなら、神はあなたにご自分を現される。もし、あなたが神を離れるなら、神はあなたをとこしえまでも退けられる。(Ⅰ歴代誌28:9)」

ヨセフの心に当時の苦しみがよみがえり、兄たちを懲らしめたいとの思いが湧いてきても不思議ではありません。そして彼らの心を知りたいと思ったのです。しかし、まことの神は私たちの心の奥にある闇、動機を見られるお方であり、ヨセフも神に心探られたのです。