牧師コラム 『取り分けられた神の民』 2022年6月26日

 牧師 高橋勝義

〔出エジプト11章1~10節〕
頑なにイスラエルの民を去らせようとしないファラオに、いよいよ神の最終通告が告げられる時がきました。それは「エジプトの長子は皆死ぬ、王の長子から奴隷の長子、さらに家畜の長子にまで及ぶ。しかしイスラエルの民は守られ、はっきりとエジプトとイスラエルは区別され、さらにファラオの家臣たちはひれ伏して『あなたもあなたに従う民もみな、出て行ってください』と懇願する」という内容でした。
また、その際には隣人に銀の飾りや金の飾りを求めるように、とも告げられました。事実、神はエジプトがこの民に好意を持つようにされ、モーセもエジプトの地でファラオの家臣と民にたいへん尊敬されたのです。

「主は地の面のあらゆる民の中からあなたを選んで、ご自分の宝の民とされた(申命記14:2)」とあるように、神はイスラエルの民をご自分の民として選び取り分けられました。

同様に、「あなたがたは信仰(イエス様を罪からの救い主と信じること)によって救われたのです。それはあなたがたから出たことではなく、神の賜物(プレゼント)です。行いによるのではありません。だれも誇ることのないためです。(エペソ2:8,9)」とあるように、今、私たちはイエス・キリストの十字架の贖いゆえに神の民とされ、神の宝の民として取り分けられ、永遠のいのちが与えられ、天国への切符を手にすることができています。家柄や地位、財産や能力、良い行いではなく、ただイエス・キリストを信じる信仰のゆえです。

「神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに世を愛された。それは御子を信じる者が、一人として滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。(ヨハネ:16)」

牧師コラム 『闇から光へ』 2022年6月19日

 牧師 高橋勝義

〔出エジプト10章21~29節〕
頑なにイスラエルの民を行かせないファラオに対して、主はモーセに「あなたの手を天に向けて伸ばし、闇がエジプトの地の上に降りて来て、闇にさわれるほどにせよ。」と、命じます。そしてモーセが命じられた通りにすると、エジプト全土は三日間、真っ暗闇となってしまいました。しかしイスラエルの民の住む所には光がありました。ファラオはモーセを呼び「行け。主に仕えるがよい。ただ、おまえたちの羊と牛は残しておけ。妻子はおまえたちと一緒に行ってもよい。」と言いますが、モーセは「私たちの家畜も私たちと一緒に行きます」ときっぱり断ります。それは神の命令であったからです。ファラオは「私のところから出て行け。私の顔を二度と見ないように気をつけろ。おまえが私の顔を見たら、その日に、おまえは死ななければならない。」と言い、モーセも「けっこうです。私はもう二度とあなたのお顔を見ることはありません。」と返します。

このファラオの頑なさの原因は何か。プライド、虚栄心、妬み…しかし、これらは私たちの中に潜んでいる問題でもあります。この私たちのために、主は自ら進んで十字架の上で、私たちの罪をその身に負われたのです。そして、キリストの打ち傷のゆえに、私たちの罪は赦され、光の中を歩む者にされました。ですから、「今日、もし御声を聞くなら、あなたがたの心を頑なにしてはならない。神に逆らったときのように」(ヘブル3:15)と警告しておられる神さまの光で、心の中を点検していただき、その原因(罪)を主の前に告白しましょう。

「もし私たちが、神が光の中におられるように、光の中を歩んでいるなら、互いに交わりを持ち、御子イエスの血がすべての罪から私たちをきよめてくださいます。」(Ⅰヨハネ1:7)

牧師コラム 『神の愛のしるし』 2022年6月12日

 牧師 高橋勝義

〔出エジプト10:1~20〕
主はモーセに、ご自身がエジプトで何度も不思議なしるしを行うのは「あなたが息子や孫に語って聞かせるためであり、こうしてあなたがたは、わたしが主であることを知るためである」と、神の民への深い愛を語られました。

そして再びモーセとアロンはファラオの前に出ると、『いつまで、わたしの前に身を低くするのを拒むのか。~ もしあなたが、わたしの民を去らせることを拒むなら、見よ、わたしは明日、いなごをあなたの領土に送る』と、主のことばを取り継ぎ、身を翻し出て行きます。 それを聞いた家臣たちが、恐れと不満を口にすると、ファラオは「壮年の男子だけが行って、主に仕えよ」とモーセに妥協案を出しますが、彼は引かず、交渉は決裂に終わりました。そしていなごの大群がエジプト全土を襲い、木や野の草すべては食い尽くされてしまいました。ファラオは急ぎモーセとアロンを呼び「どうか今、もう一度だけ私の罪を見逃してくれ。おまえたちの神、主に、こんな死だけは取り去ってくれるよう祈ってくれ。」と願います。 モーセが主に祈ると、東風がいなごを吹き上げ、葦の海にすべて追いやりました。しかし、主がファラオを頑なにしていたので、彼はイスラエルの人々を去らせませんでした。

まことの神を教えるためのしるしと同様に、神は私たちへの愛のしるしとして、イエス・キリストをこの世にお送りくださいました。それは、あなたを罪から救い出すためです。

「キリストは、神の御姿であられるのに、 ~ しもべの姿をとり、人間と同じようになられました。人としての姿をもって現れ、自らを低くして、死にまで、それも十字架の死にまで従われました。(ピリピ2:6~8)」これが、「神の愛のしるし」です。

牧師コラム 『私たちを真に生かす力』 2022年6月5日

 牧師 高橋勝義

〔使徒1:1~11,2:2~4〕
復活されたイエス様は天に帰られる前に、弟子たちに「エルサレムを離れないで、わたしから聞いた父の約束を待ちなさい。~ あなたがたは間もなく、聖霊によるバプテスマを授けられるからです。」と語られました。しかし弟子たちの関心事はイスラエルの国再興でした。そのことは父がご自分の権威をもって定めておられる、と答えられたイエス様は、「聖霊があなたがたの上に臨むとき、あなたがたは力を受けます。そして、エルサレム、ユダヤとサマリアの全土、さらに地の果てまで、わたしの証人となります。」と語り、使徒たちが見ている中で天に上げられ、雲に包まれて見えなくなりました。

イエス様の昇天から一週間後、皆が同じ場所に集まっていると、突然、激しい風が吹いて来たような響きが起こり、炎のような分かれた舌が一人ひとりの上にとどまり、弟子たちは聖霊に満たされ、御霊が語らせるままに、他国のいろいろなことばで話し始めたのです。

旧約の時代、聖霊は特別な人に与えられました。しかし、新約の時代のこの時から、神はイエス様を罪からの救い主と信じるすべての人に助け主である聖霊を与え、神のことばに聞き従う者にしてくださったのです。生まれながらの力では、神のことばに聞き従うことができないからです。自分の力に頼る生き方から、聖霊にお任せする新しい生き方にかわることで、私たちは罪に打ち勝つ力をいただき、神の子どもとしての歩みを始めるのです。

それは、聖霊には私たちを真に生かす力があるからです。

聖書は今日も「御霊によって歩みなさい。そうすれば、肉の欲望を満たすことは決してありません。(ガラテヤ5:16)」と私たちを励ましてくださいます。

牧師コラム 『罪に身を任せてはいけない』 2022年5月29日

 牧師 高橋勝義

〔出エジプト9章27~35〕
主のことばを真剣に聞いたファラオの家臣は、しもべや家畜を避難させて雹の難を逃れました。しかしそうしなかった家臣は、しもべと家畜を雹に打ち砕かれて失ってしまいました。 ファラオはモーセとアロンを呼び寄せ、おまえたちを去らせるから、災いが終わるように主に祈ってくれ、と頼みます。モーセは、町を出たらすぐ祈ることを約束しますが、「あなたとあなたの家臣はまだ、神である主を恐れていない」とファラオの心を見抜きます。
そしてモーセが、主に向かって両手を伸べ広げると雷と雹、雨はやみました。
すると、これを見たファラオと家臣たちは、またも罪に身を任せ、その心を硬くし、イスラエルの子らを去らせなかったのです。主が言われたとおりでした。

聖書には兄が弟を殺す事件が記されています。二人は神にささげ物をするのですが、二人の心をご覧になった神は、弟アベルのささげ物の方に目を留められます。これに怒った兄カインに神は、「罪はあなたを恋い慕うが、あなたはそれを治めなければならない(創4:7)」と警告します。しかし、彼は悔い改めず、怒りに身を任せて弟を殺してしまったのです。

 聖書がファラオとその家臣たちの行為を「罪に身を任せた」と語っているのは、彼らがカインと同じく、神を軽んじ、罪に心を開いてしまったゆえです。頑なな心は、自分の姿が見えず、思いを押し通そうとし、ついにはその身に死を招くのです(ヤコブ1:15)私たちの頑なな心をご存知のキリストは、十字架の上で「父よ、彼らをお赦しください。彼らは、自分が何をしているのかが分かっていないのです。(ルカ23:34)」と、私たちの罪の執り成しをされました。
罪に身を任せる歩みから離れ、神の愛の中に生きる歩みを目指しましょう。

 

牧師コラム 『この希望は失望に終わることがありません』 2022年5月22日

 牧師 栗原延元

〔ローマ人への手紙5章1~5節〕
今日は、三教会(石巻、仙台、古川)の講壇交換で、石巻の高橋師は古川教会に、古川の門谷師は仙台教会に、ということで、仙台の私が石巻教会を訪れているのです。

今朝はローマ書5章5節〈この希望は失望に終わることがありません。なぜなら、私たちに与えられた聖霊によって、神の愛が私たちの心に注がれているからです。〉を学びます。「この希望」が失望に終わらないのは、「神の愛が私たちの心に注がれているからです」と同じ節で説かれています。しかし、「この希望」は前節を読みますと練られた品性が生み出すものであり、その品性は「忍耐」が生み出すのであり、忍耐は患難(苦難)が生み出すのであると語られます。ですから「この希望」とは、外からもたらされるものではないのです。外からやってくるのではない、私たちの内側から「生み出されるもの」なのです。
ローマ書5章5節、4節、3節、2節と逆にたどっていくと、「信仰」という根にたどりつきます。この信仰とは「主イエスを。死者の中からよみがえらせた方を信じる」信仰、すなわちイエスの復活を信じる信仰なのです。この信仰から失望に終わらない希望が生じるのです。

牧師コラム 『心を新たにせよ』 2022年5月15日

 牧師 高橋勝義

〔出エジプト9章1~26節〕
神の災いはナイルの水が血に、全土に蛙、ブヨとアブの群れの襲来と続き、エジプトの全土は荒れ果てました。しかし、神はエジプト人の住む地とイスラエル人の住むゴシェンの地を明確に区別され、神の民を守られたのです。
続いて、非常に重い疫病がエジプトの動物や家畜を襲い、さらには、まき散らされたかまどのすすによるうみの出る腫れものが、エジプト人とその家畜を苦しめました。それでも、ファラオの心は頑なで、イスラエル人を去らせようとはしません。そこで神は、非常に激しい雹を降らせるゆえ、家畜を避難させるように告げます。ファラオの家臣のうちで主のことばを恐れた者は、しもべたちと家畜を家に避難させ、難を逃れました。しかし心に留めなかった者のしもべたちと家畜は、ことごとく打ち砕かれたのです。そして今回もゴシェンの地は、無事でした。ファラオではなく、神を恐れた者の結果は、一目瞭然です。

神を信じない者でさえ、神を恐れ神のことばに聞き従ったのですから、神を信じる私たちはなおのこと神のことばに聞き従って生きるべきです。しかし現実は、この世の価値観・常識・慣習などに縛られています。このままでは「地の塩・世の光」となるはずの私たちは、その役割を果たすことができません。では、どうすればよいのでしょうか。

神は、「この世と調子を合わせてはいけません。むしろ、心を新たにすることで、自分を変えていただきなさい。そうすれば、神のみこころは何か、すなわち、何が良いことで、神に喜ばれ、完全であるのかを見分けるようになります。(ローマ12:2)」と語られます。つまり、神を認めない世にあって、神はあなたに聖霊による歩みを求めておられるのです。

牧師コラム 『すべてを明らかにする神』 2022年5月8日

 牧師 高橋勝義

〔出エジプト8章25~32節〕
エジプトを襲ったアブの災難は、神が語られた通り、イスラエル人の住むゴシェンの地にだけはおきませんでした。そしてファラオは、エジプトでイスラエルの神にいけにえを献げても良いと認めますが、いけにえにはエジプト人の忌み嫌う動物を献げるため、民が石で打ち殺される恐れがあるゆえ、主が私たちに言われたとおり、荒野に行かなくてはならないことをモーセは告げます。モーセの申し出を認めたファラオでしたが、「ただ、決して遠くへ行ってはならない。私のために祈ってくれ。」と答えます。ファラオの心は、なんとしても奴隷は手放したくない、しかしアブについてはイスラエルの神の力に頼る、でした。

モーセはファラオに主に祈ることを約束しますが、「民が主にいけにえを献げるために去ることを阻んで、再び欺くことなどありませんように」と念を押します。
主はファラオの心をすべてお見通しでしたが、モーセの祈りを聞かれました。そして、今回も災いが去ると、ファラオは心を翻しました。これは、ファラオがモーセに「主とは何者だ(出5:2)」と語ったように、神ご自身を、また神のことばを軽視しているからにほかありません。たとえ人を欺くことはできても「(神の前には)隠れているもので、あらわにされないものはなく、秘められたもので、明らかにされないものはない(マルコ4:22)」のです。

すべてを知っておられる神に対して、私たちは申し開きをしなければならないのですが、キリストを罪からの救い主として信じる者には、キリストがとりなしをしてくださるのです。

ファラオの言動にも左右されることなく愚直なまでに神を畏れ従ったモーセように、私たちも神のことば(聖書)に真摯に向き合う信仰の歩みを目指しましょう。

牧師コラム 『幸いな歩み』 2022年5月1日

 牧師 高橋勝義

〔出エジプト8章16~24節〕
聖書は私たちに「神は心に知恵のある方、力の強い方。この神に対して頑なになって、だれが、そのままですむだろうか。(ヨブ9:4)」と警告しています。

神がモーセに命じたのは、杖で打った地のちりがブヨになる災いが起こることをファラオに告げることでした。そして神が語られた通り、全土でブヨが人や家畜に付きました。呪法師たちも同様に、杖を蛇に、ナイルの水を血に、川から蛙を這い上がらせましたが、ブヨを起こすことはできず、「これは神の指です」とファラオに言います。しかし、ファラオの心は頑ななままでした。さらに神は、次はアブを送ることをファラオに告げ、「わたしがその地のただ中にあって主であることを知るために神の民イスラエルが住むゴシェンの地を特別に扱い、そこにはアブの群れがいないようにする」と言われたのです。すべて神が言われた通りになりましたが、ファラオは災が去るとまたも心を硬くしました。

ファラオは災いを通して「主のような方はほかにいないこと」や「まことの主がおられること」を知ったはずであり、さらに呪法師たちから「これは神の指です」と進言されたのですが、エジプトの王であるという彼のプライドが彼の心をさらに頑なにしていきました。 確かに、ファラオの心が頑ななために災いを招いたわけですが、私たちの心の中にもプライドや虚栄心、競争心、物への執着心など、心を意固地させるものが潜でいます。

では、どうすればよいのでしょうか。「幸いなことよ、いつも恐れる心を持つ人は(箴言28:14)」と聖書が教えているように、私たちを造られた創造主なる神を認め、このお方を恐れる心を持って歩むことこそが幸いなのです。

牧師コラム 『あなたの目はどこを見ているのか』 2022年4月24日

 牧師 高橋勝義

〔出エジプト8章1~15節〕
強情なエジプト王ファラオは、モーセとアロンによって語られる主のことばを聞こうとはしません。神が下したナイル川が血に染まる災いにも、呪法師たちも同様にナイルを血に染めたので、王の心は依然として頑ななままでした。それは主が言われたとおりでした。

次なる主の命令に従いアロンがエジプトの水の上に手を伸ばすと、今度は蛙があちこちに這い上がってきました。今回も呪法師たちは同じことを行いましたが、その蛙を取り除くことができません。全土は蛙だらけになりました。ファラオは二人を呼び寄せ「蛙を除くように、主に祈れ~」と告げます。モーセは「あなたのことばどおりになりますように。それは、あなたが、私たちの神、主のような方はほかにいないことを知るためです。」と言い、主に叫ぶと、蛙は家と庭と畑から死に絶えました。

ファラオは呪法師たちの秘術の限界によって「主のような方はほかにいない」ことを身をもって味わったはずでしたが、一息つくと、今回も心を硬くしてしまいました。

イエス様が「わたし(イエス・キリスト)を見た人は、父を見たのです」(ヨハネ14:9)と語られたように、神はイエス様を通して、私たちにご自身の愛を明らかにされました。その愛は、キリストが十字架の上で私たちの罪のために死なれ、三日目によみがえられた事実に表されています。キリストを罪からの救い主と信じる者は、永遠のいのちを持ち、さばきにあうことがなく、死からいのちに移されるのです。
ですから私たちにとって、キリストを知ることが、肝心で重要な事なのです。

ところで、あなたの目は今、どこを、何を、見ているでしょうか。