2019年12月5日 クラフト教室・支援報告 第194回

・日時:2019年12月5日
・参加者:11名
・奉仕者:仙台教会5名、石巻教会2名

製作:「布で作るクリスマスリ-ス」

チャペルタイム
「救い主イエス・キリストの誕生」
賛美:「Christmas is a time」

今月の製作は布で作る可愛いクリスマスリースでした。

5cm角に切った赤や緑、白の布を、発泡スチロールのリ-ス台に木工ボンドをつけた竹串で差し込んでいくという、針を使わない楽しい作業です。
材料の5cm角の布はベ-スの緑が40枚。クリスマス柄の緑、赤、白の6種類がそれぞれ10枚、全部合わせるとその数約100枚近い布の数です。
すべて仙台教会のパッチワーク教室のメンバ-が約20人分用意してくださいました。裁ちばさみで2000枚近い数の布を5cm角にカットし、数を揃え、袋にセットする。本当に魅力的で、おしゃれで、ワクワクするクラフトキットなのですよ!

この背後の地道な準備には、女川、渡波の方々、そして神様への愛が溢れています。さらに、この働きには仙台教会だけではなく全国の支援教会の祈りが積まれているのです。楽しいおしゃべりの花があちらでも、こちらでも咲く中、笑い声も響きながら皆さんの手も動きます。今回は全員が時間内に完成しました。今日からどのお家もクリスマスです。

今回は今年最後のクラフト教室、クリスマス会でもありましたから、苺のショ-トケ-キと紅茶でホッコリしました。そして、チャペルタイムは影絵のクリスマスストーリーで、私たちのためにお生まれ下さったイエス様のご生涯をたどりました。

真剣に耳を傾けて下さる皆さんの救いを、続けてどうぞお祈りください。