牧師コラム 『箱舟は水面に漂った』 2020年3月22日

牧師 高橋勝義

旅先で思わぬ出来事が起こり、何日も足止めされたりしたら困ってしまいます。足止めが解除されるのを、じっと待つしかありません。

さて、ノアはすべて神が命じられたとおりに行い、箱舟の中に入ります。
すると、【主】は彼のうしろの戸を閉ざされたのです。(創世記7:16)
そして、大雨は四十日四十夜、地に降り続き、水かさが増して箱舟を押し上げたので、箱舟は地から浮き上がったのです。(創世記7:17)
箱舟が水面に浮きあがったということは、地のすべては水の中に沈んだことになります。そして水は、百五十日の終わりに減り始めたのです。
しかし、いつ頃地が乾き、外に出られるのか、見当もつきません。

この間、ノアの家族と生き物たちは、箱舟の中でともに生活することになります。毎日、ノアの家族は生き物たちの世話でてんてこ舞いだったことでしょう。

心の中には不安もあったことでしょうが、すべて神が語られた通りであることを見てきたノアは、神である主に信頼し、大地が乾く日を期待して待ったのです。どんな状況に置かれても、神である主に信頼し、神を待ち望む信仰が大切なのです。

「あなたがたが神のみこころを行って、約束のものを手に入れるために必要なのは、忍耐です(へブル10:36)」と語られている通りです。