牧師コラム 『まことの光』 2019年12月22日

牧師 高橋勝義

人生100年時代と言われるようになり、テレビでは健康長寿番組が増えました。
ところで長生きするには、からだの健康はもちろんのこと、心の健康も重要です。
心の健康に必要なのは、ストレスのない日々を過ごすことのようですが、どんなにからだや心の健康に気を付けたとしても「」が解決されるわけではありません。

聖書は、「この方(イエス・キリスト)を受け入れた人々、すなわち、その名を信じた人々には、神の子どもとなる特権をお与えになった(ヨハネ1:12)」と語ります。

私たちが神の子どもになると、私たちに何が起こるのでしょうか?

聖書は「の報酬はです。しかし神の賜物(プレゼント)は、私たちの主キリスト・イエスにある永遠のいのちです。(ローマ6:23)」と語っています。
人間は、生けるまことの神によって造られたにもかかわらず、この方から離れ、自由奔放に生きる道を選びました。
これが、「」であり、はこののゆえに入り込んできたのです。
神の愛はこのを解決するために、イエス・キリストをこの世に遣わし、人間が受けるべきの刑罰をキリストに負わせ、十字架の上で処罰されたのです。

イエス・キリストを信じるとは、キリストの十字架は自分ののためであると認め告白することです。その時、神の子どもとなる特権が与えられ、さらに“永遠のいのち”が与えられて、「」から解放されるのです。

まことの光としてこの世に来られたイエス・キリストの誕生を心から祝うのがクリスマスです。今、イエス・キリストはあなたの心を照らしています。
このお方を心にお迎えし、神の子どもとなる新しい歩みを始めましょう。